労働時間の管理に関する知識が深まる一押しのサイト。知って得するトピックスを多数掲載しております。"

キングオブタイム

キングオブタイムで勤怠管理

パソコンとインターネット環境があれば、クラウドシステムを利用して簡単に勤怠管理ができるのがキングオブタイムです。指紋認証や、外出先からのスマートフォンを利用した出勤報告など多彩な種類の打電方法が用意されており、ニーズに合わせて選ぶことができます。

管理者側も、どこからでもリアルタイムで出勤状況や残業時間などが確認でき、更に世界中の会社の拠点の状況まで、一元管理ができます。膨大な量のデータも自動で集計されるため、忙しい月末の入力作業も必要がありません。

社員やアルバイトの残業時間の計算や、従業員ごとの人件費単価も個別に設定もでき、予定と実績の差額もリアルタイムで知ることができます。毎月の人件費の予算配分を管理する際にも、非常に役立つと好評なシステムです。


Q&A

キングオブタイムを利用したメリットとは?

キングオブタイムに関してはお手持ちのPCやインターネット(VPNは不要)だけで、高度による勤怠管理を行っているWEB上に関するASPサービスとなっています。キングオブタイムのクラウド勤怠管理においては作業効率やコスト削減において大きく貢献しています。

そして、タイムカードやタイムレコーダーからの切り替えによって、コスト削減を実現しております。生体認証である指静脈や指紋、フェリカやICカード、携帯電話やスマートフォン、専用端末や多彩なタイムレコーダーを用意しております。また、リアルタイムに、勤務集計や残業状況、アラートや人件費による概算などによる確認を実現しております。そして、複数による管理者設定やシフト管理、申請や承認ワークフロー、休暇管理や警告設定などによる機能によって業務改善を支援しております。

そして、キングオブタイムを利用している勤怠管理に関するお役立ち情報やアップデート情報などをお届けしております。また、複雑な勤怠管理に関して様々なパラメータ設定によって、勤怠計算による自動化ができるキングオブタイムですが、できることがたくさんあることもあり、設定に関しても大変となっています。そんな設定によるヒントになっているような内容に関してわかりやすくお届けしています。

停電したらどうなりますか?

停電や、その他災害に対してのシステム管理ですが、多くの場合システム管理では、バックアップを復旧させるまでに、多くの時間・労力・費用がかかることがあります。しかしキングオブタイムは勤怠データをサーバー不要であるクラウド上に保存されています。また、その勤怠データは関東・関西の双方に随時バックアップをとっているため、もしもの際も容易に復旧できます。

また、バックアップデータを2つ以上保存していないシステムですと、復旧作業に大変な時間・労力・費用がかかります。さらに、自社サーバーではバックアップを取る場合、さらに別のサーバーが必要になりそこに対しても労力や費用がかかります。別のサーバーを同じ場所に置くとしても、同じ場所で災害が起こった場合には、どちらの復旧作業にも手を取られ、バックアップをとっていても意味がありません。しかし、キングオブタイムの勤怠システムでは、サーバー不要のクラウド上にてデータを保存しております。

そして、関東・関西の2箇所にて随時バックアップをとっているため、例えば関東で災害が起きても、関西にもバックアップデータがあるため、システムの復旧に対する時間や労力、費用は大変少なく抑えられるため安心です。