労働時間の管理に関する知識が深まる一押しのサイト。知って得するトピックスを多数掲載しております。"

JOBCAN

JOBCANという勤怠管理システム

JOBCANというのは、株式会社Donutsが提供している勤怠管理システムです。このシステムの特徴としては、複数の打刻方法があること、簡単に出退勤管理ができること、効率的な休暇・申請管理ができることなどです。

まず、打刻方法に関してですが、ICカード打刻、指静脈打刻、モバイルGPS打刻、パソコンやタブレットでの打刻がありますので、自社に合った打刻方法を選ぶことができます。次に、簡単な出退勤管理に関してです。

出勤や退勤、休憩を自動判定してくれる機能があったり、出勤簿を自社の扱いやすいようにカスタマイズができたりします。最後に、効率的な休暇・申請に関してですが、自社の就業規則に合った休暇を設定できたり、事前休暇申請をシステム上でできたりします。他にも様々な機能があり、とても便利です。


Q&A

JOBCANを利用してどれくらい勤怠管理の効率化ができますか?

一般的な勤怠管理におけるシステムではタイムカードを利用する方法が取られます。タイムカードを利用する場合、それぞれの人が自分用のものを打刻する手間があり、さらにそれぞれの人用にカードを作成しなければいけません。JOBCANは多彩な打刻方法で利用することができるようになっています。ICカード打刻は個人が持っているICカードをかざすだけで記録ができるので毎月カードを作成する必要やセットする手間なく利用することができます。

勤怠管理システムではタイムカードが必要になります。その他個人を特定する何らかの道具を用意する場合があります。JOBCANのシステムの中に指静脈打刻による出勤退勤管理があります。本人の指を機械に読み取らせて行ないますから、その人自身しか行うことが出来ません。それぞれの人用にカードなどを持たせる必要もありません。

営業担当者などは外出、出先直行、出先から直帰、さらには出張などがあります。会社に来ることができませんから出勤、退勤の記録ができません。それらの記録は本人の申告などを集計する必要がありました。JOBCANではモバイルからの打刻ができるようになっています。ここの申告などから集計することなく、データを自動的に集計できます。

すぐに導入できますか?

勤怠管理を全社的に行なうためにはそれぞれの支店などにタイムレコーダーなどの機械を置いたりしなければいけません。タイムカードも必要で、月が終れば回収も必要になってきます。JOBCANは最初に読取装置を各部署に設置するだけで簡単に利用することができます。タイムレコーダー、タイムカードを用いるタイプではないので、それらを毎月配置したり回収したりする手間もありません。ネットワークさえつながっていればすぐに使えます。

今は多くの会社でインターネットとの接続ができる環境があります。支店や取引先とのやり取りもネットから行えるようになっています。JOBCANはデータをやり取りして勤怠管理ができる仕組みですので、インターネットが利用出来る環境さえあればすぐに導入できる場合があります。出勤時にどのようにデータを取るかによって変わります。

出勤の時に定期券を利用する人が多いですが、ICカードが便利なのでそちらを利用する社員も多いです。JOBCANは社員がICカードを持っていれば、後はICカードリーダーを用意するだけで導入することができます。定期券の他、携帯電話などを認証に使うことができる場合もあります。ICカードリーダーはパソコンに接続するだけです。