労働時間の管理に関する知識が深まる一押しのサイト。知って得するトピックスを多数掲載しております。"

勤怠管理システムの導入メリット

勤怠管理システム導入のポイント

労働基準法など労働関係法令において、使用者には労働者の勤務時間を把握する義務があるとされています。これは、労働者の勤務時間を正確に把握することで、労働過多になっていないかを把握させるとともに、正確な労働時間を把握してそれに対する賃金をきちんと支払うことを義務付けています。そのために必要なものが、勤怠管理システムです。労働者の出退勤を管理し、労働者の労働時間の把握と給与の適正な支払に資することを目的としています。そのため、自社にあったシステムを導入することが必要となります。

システム導入のポイントとしては、まず、自社の就業規則に対応できるか否かです。業種や会社規模に応じて就業規則は様々です。シフト勤務など変形労働時間制に対応しているかなど、自社の就業規則に対応でき、就業規則に変更があった場合も、システム改修による対応が容易であるかなどを踏まえて、システムを選定する必要があります。そして、労働時間はそのまま給与に反映されますので、給与システムとの連携が容易であるかどうかです。さらに加えて、人事系のシステムとの相性、互換性も視野に入れておく必要があります。そして、労働者に使いやすいシステムであるか否かです。

さらに、人事担当者や勤務時間管理者がどのような情報を必要としているかを分析し、これをデータとして容易に出力できるかです。勤怠管理ですから、必然的に朝の朝の出勤時間にアクセスが集中したり、月末の給与計算時期にデータが必要となります。システムの負荷の問題も検討して、システムを導入しなければなりません。