Popular Categories
  • カテゴリーなし

フランチャイズの経営や、そのお店について

フランチャイズで必要な経営術

一度やってみたいフランチャイズ

以前から一度やってみたいと思っているのが、フランチャイズ店の経営です。コンビニからお掃除関連、結構色んなビジネスができるのですね。私はレストランがいいなあと思っています。すでにブランドとなっていますし、作業や、システムが確立されているのがすごく魅力的です。私はかつて飲食業を10年やった事がありますが、全てが暗中模索という状態でしたから非常につらい思いをしました。でもフランチャイズだと、しっかりした経営コンサルタントの戦略のもとにシステムが開発されていると思いますので、そのあたりの安心というのは非常に大きいと思います。ですから私は今度やるとしたらフランチャイズで余計な心配しないで済むスタイルでやってみたいなあと考えています。自分で全てやる事を思えば、すごく楽に経営ができるはずです。何もやった事がない人にはそれでも大変だと思うかもしれませんけどね。

フランチャイズでオーナーに!

アメリカに留学中に驚いたのは実にフランチャイズのファーストフード店が多いということでした。日本では有名なホテルチェーンまでもがその方式で営業していました。フランチャイズとは既にビジネスを展開していてある程度知名度のある企業の名前を貸して貰う、といういわば日本でいう「のれんわけ」みたいなものです。ロイヤリティや月々の決められたお金を本部に払い、あとは自分がオーナーとなってお店やビジネスを切り盛りして行くビジネススタイルです。元々知名度のあるお店の名前を借り、既にあるマニュアルに従って運営していくので手順さえ分かれば店を2、3店増やす事も可能です。アメリカのような移民の多い土地では、一旗揚げたいと夢を持つ人がこのビジネス方式でオーナーとなっていることが多く、成功している人達もかなりいます。日本でもコンビニやビデオ店などでこの方式がとられていますが、もし資金とビジネスマインドがあるならば是非挑戦してみたいですね。

フランチャイズでお店の経営を始める

街中には、いろいろなフランチャイズチェーン店が存在します。ある有名な事業者と契約を結ぶことで、そのお店と同じものを販売することが出来るのが、フランチャイズです。この形式で、お店を経営されているところも多々ございます。人気のあるお店を経営できれば、それだけ売上げも上がるのです。経営するには、そのお店のやり方を覚えないといけないので、指導を受けることになるのです。一日の売上げは、毎日親の事業者に報告をすることになるのです。お店の名前を借りて営業をされているので、売上げを支払うことになります。フランチャイズを経営するには、立地条件も重要になってくるので、そこで経営を始めた時にどれくらいの人が来るかを予測しないといけないので、事業者の方と相談をしながら進めていくことになります。飲食店であれば、バイトを雇うことになるので、そういったノウハウも習得しないといけないのです。